同時に何社も申し込むケース

審査に落ちるのを嫌って、確率を上げるために何社にも同時に申し込む人がいるかもしれません。
しかし銀行や消費者金融からしたら、どうしてこの人は何社も同時に申し込んでいるのだろうと疑ってきます。
お金に困っているのではないかと。
落ちるのが不安で何社も同時に申し込んだとはわからないわけですし、たとえわかったとしても自信がないのかとそれはそれで信用度がいくらか下がります。
申し込むのは1社ずつにしましょう。

 

言われているのは1社に落ちて次に申し込むとしても、1ヶ月で3社までにした方がいいと言われています。
1ヶ月で4社だと自動的に落とされる可能性があるということです。
またもし1ヶ月で3社も落ちたとしたら、次に申し込むのは半年後にした方がいいと言われています。
となると、1ヶ月で3社落ちるというのは痛いわけです。
カードローンは今すぐ借りたいという人が多いわけですから、頼みの綱が半年なくなるわけです。
これは何としても避けなければ行けません。
ですから、1ヶ月で3社以内になんとかして審査に通るように心がけたいものです。
また、そんなに急いでいないなら最初の1ヶ月で2社申し込んで、もし両方落ちたのなら3社目は次の1ヶ月で申し込むなど、間を開けたほうがいいでしょう。

 

また、そもそもなんで他社に申し込んでいることがほかの会社が把握できるのかという疑問もわいてくると思います。
それはそれぞれの銀行や消費者金融が「信用情報機関」に加入して、情報を共有しているからです。
よって、この会社での申し込み状況、審査に通ったか落ちたか、借入金の額、延滞履歴などが他社にはわからないと思って行動してはいけません。
すべての情報が共有されているという事実を覚えておきましょう。


クレジットカードのショッピング枠の未払い

先ほど、申し込みの時にはクレジットカードもカードローンとカウントされていると書きました。
これはキャッシング枠がカードローンと同義だからと言いましたが、クレジットカードのショッピング枠のほうもチェックされています。
ここにいくら支払残高があるかも見ています。
キャッシング枠でなくても、さすがにショッピング枠に支払残に50万円ほどあった場合は、銀行も消費者金融も無視できませんよね。
だってそれはこれから支払わなければいけないお金だからです。
支払わなければいけないお金にカードローンも、キャッシング枠も、ショッピング枠も関係ないからです。

 

また、支払残高だけではなく、支払いの遅延も見られています。
いままで何回遅延していたか、どれくらい金額遅延していたか、どれくらいの期間遅延していたかなどが信用情報機関に残っていますので、これをチェックされます。
ショッピング枠の支払い履歴からも、カードローンの支払い方が推測されますので、これもまた考慮に入れられるわけです。
口座残高がちょっと足りなくて引き落としされなかった場合でも、遅延と見なされますので気をつけましょう。


関連ページ

審査に通るコツ
銀行カードローンの審査に落ちたら、審査に通りやすいコツを学びましょう。次こそは通る!