消費者金融との違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、金利は多少違いますが、審査項目は同じです。
銀行カードローンは銀行と傘下の保証会社である消費者金融会社の審査を受け、消費者金融カードローンはその会社だけの審査で済みます。
ですからふたつの審査を通らないといけない銀行カードローンのほうが審査が厳しい。
そしてその分金利は安くなる、でしたね。

 

ではそのほかに違うことはあるのでしょうか。
見ていきましょう。

 

 

・保証人
どちらのカードローンが保証人が必要でしょうか。
ちょっと考えてみてください。
こたえは、、、どちらも必要ない、です。
借金のイメージは保証人ということもあるかもしれませんが、カードローンレベルでは保証人は必要ありません。
もし保証人が必要だとしたら、ものすごく利用者が減ると思いませんか?
銀行や消費者金融は、保証人をなくして少しリスクが上がるけど、利用者の数を増やすという方法でそのリスクをカバーしているのです。
保証人が必要なのは、住宅ローンなどの何千万単位の借金のばあいですね。

 

 

・審査時間
これは圧倒的に消費者金融のほうが早いです。
即日融資が売りなのが消費者金融です。
店頭や無人契約機に行けば最短で30分で融資してもらえます
ネットでもその人14時までに申し込めば、その日のうちに融資してもらえます。
これも審査が1社だからなせる技でしょう。
一方、銀行カードローンの審査時間はというと、1週間から2週間かかります。
なぜこれほどかかるのかはわかりませんが、銀行がかたくて慎重だからということに他ならないと思います。
私も銀行カードローンの申し込みをしたことがありますが、手元にカードが送られてくるまでに2週間ほどかかりました。
審査時間だけで考えると、消費者金融のほうが便利と言えるでしょう。
ただ、銀行カードローンでもわずかですが30分融資を売りにしているところもあります。
しだいに、銀行カードローンと消費者金融カードローンの境目がなくなってきました。


30日間利息無料サービス

・その他のサービス
銀行カードローンか消費者金融カードローンを選ぶかの基準に、金利、審査時間のほかにもう一つ明確な違いというものがあります。
それが、そのほかの付随するサービスです。
もっとも大きくて有名なサービスは、「初回30日間無利息」というサービスです。
これは消費者金融カードローンの専売特許で、最大の売りのひとつでもあります。
テレビCMでも「30日間無利息」といううたい文句を聞いたことがあるでしょう。
これにはプロミス、アコム、レイクなどがあります。

 

これはどういうサービスかというと、読んでそのまま単純です。
10万円借りた場合、30日以内に返済すれば、利子はゼロ元金だけ返済すればオッケーというものです。
ただしこれは初回利用のみです。
2回目以降は適用されず、通常金利になります。
それは30日以内に返済して、2回目を30日以内に再度借り入れた場合でも適用されません。
あくまで1回目の借り入れのみです。

 

このサービスは銀行にはありません。


関連ページ

金利と審査
銀行カードローンの審査に落ちた人たちのために、何を審査しているのかをレクチャー!
審査に厳しいのはどっち
銀行カードローンの審査に落ちた!?消費者金融と審査に厳しいのはどっちでしょう???
審査される項目
銀行カードローンの審査に落ちた!ではそもそも何を審査されているのだろうか。