銀行カードローンの保証会社とは

前の項で説明したことをまとめます。
融資されたお金が貸し倒れになったときや、返済が遅れ続けると返済の督促は銀行ではなく、銀行が提携している保証会社が行うようになります。

 

実際私はこれを経験したことがあります。
銀行カードローンの返済が滞ったのに、返済してくださいと連絡のはがきが来たのは全く知らない会社からでした。
今思うとあれが保証会社だったのでしょう。
これが複数回ありました。
返済が何度も遅れたためです。
まずかったなと思っています・・・。
言い訳するなら、お金がないのではなく引き落とし用の口座にお金を入れ忘れたという理由がほとんどです。
でも銀行側はそんなこと知ったこっちゃありません。
いかなる理由でも返済が滞ることが続けば、保証会社から督促が届くようになります。

 

そして融資した人からうまいこと取り立てて5万円返済してもらえれば1万円の利益になります。
保証会社の商売の仕組みはこんな感じなんです。
そしてその保証会社とは、融資保証専門会社ではなく、実は消費者金融の会社なんだそうです。
よく関係性がわかりませんよね。
これはどういうことでしょう。
大手銀行は消費者保護を傘下に入れました。
銀行のメリットはノウハウを吸収することと、どうやら消費者金融の会社を保証会社として使うことだったようです。
傘下に入れてやるから、つまり資金で支えてあげるからうちの保証会社になれ、ってことでしょうか。
いまや銀行系とノンバンクの消費者金融は密接な関係を持ち始めて、その境目がなくなりつつあります。


銀行カードローンが審査に厳しい理由

銀行カードローンの審査で審査しているふたつの会社とは、銀行自体と上記の保証会社(傘下の消費者金融の会社)というわけです。
銀行カードローンはふたつの会社の審査を受けるわけですから、ひとつの会社の審査を通るよりも必然的に厳しくなりますよね。
よって、銀行カードローンのほうが消費者金融カードローンよりも審査が厳しいのです。

 

銀行カードローンのほうが審査に厳しい理由はもうひとつあります。
それは審査を厳しくしておけば金利を低く抑えられるからです。
審査が厳しいということは、貸し倒れの確率が低くなるということです。
そうすると貸し倒れの合計金額が低くなります。
ですから、金利が低くて銀行の利息による利益が低くても貸し倒れ分を穴埋めできるというわけです。
そうすると利息による利益マイナス貸し倒れ分という計算をしても、純分の利益が出るのです。

 

一方消費者金融カードローンのほうは、金利が高い分利益がおおいです。
ところが審査を甘くしているので貸倒れリスクも銀行より高いです。
高い利益マイナス高い貸し倒れ分をすると、消費者金融の利益はどうなるでしょうか。
この方法と銀行の方法とどっちが良いのかは正直わかりません。
ですが、それぞれ考えた結果、そちらの方式をとっているのでしょう。
とくに銀行はかたいですから、貸し倒れを嫌います。
ですから貸倒れリスクが低く、かつ保証会社を置く方式をとっているのかもしれません。


関連ページ

金利と審査
銀行カードローンの審査に落ちた人たちのために、何を審査しているのかをレクチャー!
審査される項目
銀行カードローンの審査に落ちた!ではそもそも何を審査されているのだろうか。
銀行と消費者金融の違い
銀行カードローンの審査に落ちたのは基礎知識がないから?銀行と消費者金融の違いを勉強しましょう。