金利はどちらがお得なの?

まず銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、総量規制で融資限度額のありなしでしたね。
銀行カードローンは上限がなく、消費者金融カードローンは上限が年収の3分の1までです。
このふたつにはほかにもいくつも違いがあります。
それを説明していきましょう。

 

金利についてです。
金利は銀行カードローンのほうが低いです。
銀行カードローンの金利がだいたい14.5%であるのに対し、消費者金融カードローンの金利はほぼ18.0%と思っていいです。
4%近くの差があります。

 

10万円を1年間借りっぱなしの時に、銀行カードローンの場合は114,500円を返済しなければいけないのに対し、消費者金融カードローンでは118,000円を返済しなければいけません。
3,500円の差があります。
これが元金10万円だからこれくらいの差になりますが、もし100万円を借りていたとしたら35,000円の差になります。

 

ものすごく大きな差ではないかもしれませんが、少しでも返済額を少なくしたいと思えば銀行カードローンがオススメです。
しかし、単純に銀行カードローンを選べるとも限らないのです。
金利以外の条件をかんがみると、銀行カードローンのチョイスがベストとも言い切れない場合もあります。
その当たりを次の項から説明していきます。


審査はどちらが通りやすいの?

結論から言うと消費者金融カードローンのほうが審査に通りやすいです。
理由は銀行カードローンのほうはふたつの会社の審査が必要なのに対し、消費者金融カードローンのほうは一社の審査だけでクリアできるためです。

 

これはどういうことか説明いたします。
銀行カードローンの審査に必要な二社とは、その銀行自体と保証会社の二社ということです。
銀行自体の審査はわかりますね。
当然必要です。
では保証会社の審査とは何か。
銀行は貸し倒れを嫌います。
貸し倒れとは返済してもらえなくなることです。
ですから貸し倒れになったときのために保険に入っているのです。
この保険が保証会社です。

 

例えば、10万円を融資して、5万円は返済されたのに残りの5万円は返済されないことが何ヶ月も続きました。
このとき銀行は貸し倒れと判断します。
そしてこのマイナスの5万円のうちいくらかを保証会社が保証して銀行に払ってくれます。
保険をかけていたのでそれによっていくらか救われたことになります。
でもこれでは保証会社が損をしますね。
ですから、保証会社は銀行にいくらか払う代わりに銀行が持っていた融資した人から返済してもらう権利をもらいます。
この権利を債権といいます。
銀行のマイナス5万円のうち、保証会社が4万円支払うとします。
そしてこの貸し倒れの5万円を返済してもらう権利、債権を保険会社に譲渡します。
つまりこれによって保証会社が5万円返済してもらう権利を得るのです。
よって、この保証が発生した時点から、融資された人へ取り立ての連絡が行くのはこの保証会社からになります。


関連ページ

審査に厳しいのはどっち
銀行カードローンの審査に落ちた!?消費者金融と審査に厳しいのはどっちでしょう???
審査される項目
銀行カードローンの審査に落ちた!ではそもそも何を審査されているのだろうか。
銀行と消費者金融の違い
銀行カードローンの審査に落ちたのは基礎知識がないから?銀行と消費者金融の違いを勉強しましょう。